スポンサーリンク

【発見】腕時計 交換用ナイロンベルト おすすめ理由5選(バンドタイプ)

ブランド紹介
筆者
筆者

簡単、便利、着用感、コスパ、カラーも豊富さ◎

こんな腕時計のナイロンベルト欲しかった!

Apple Watchなどのスマートウォッチの進化で、腕時計の需要は減る一方なんでしょうか。

機能性抜群のスマートウォッチ派か。

ファッション(小物好き、クラシック)としての腕時計派か。

どうもアナログ人間としては、腕時計を何年も使い続けて味を出していきたい派です。

ベルトならすぐに交換でき腕時計に似合うものを探すのも楽しいものです。

おすすめのベルトは、

BINLUN(品番:JBL00038B-EBOW20)交換用ベルト 時計バンド 時計ストラップ 

※現在、楽天やYahoo!での取り扱いがなくAmazonのみの販売です。

ナイロンベルトですが、実際に着用していて心から使い勝手がいいなと。

ナイロンベルト派じゃない人も是非読んでみて下さい。

スポンサーリンク

おすすめのナイロンベルト 理由5選

パンツに使用するベルトはボタン穴でなく、GIベルト(ガチャベルト)派です。

上記画像のようなベルトです。

BINLUNは、ガチャベルトの腕時計バージョンと言ったところです。

あるようでなかったバンドタイプのナイロンベルト。

ベルト穴でなくバンドタイプで生地が長持ち

一般的には、サイズ調整する際にベルト穴に通して同じ箇所を使用することがほとんど。

その箇所はベルト穴が広がり生地のダメージが大きい。型崩れしてしまう。

泣く泣くベルト交換をすることが多くありました。

BINLUMはその心配が全くありません。

ベルト穴がなく生地自体のダメージが少ないんです。

劣化が少なく格段に生地が長持ちします。

弾力性あり着脱が簡単

ヘアゴムのように弾力性・伸縮性が特徴です。

手首にフィットするように巻いてサイズ調整してバックルでとめるだけです。

弾力性はかなり強く伸びる印象があります。

着脱、細部までの微妙な調整も簡単にできちゃいます。

着用時のフィット感がベスト

ベルト穴のタイプとは違い、バンドのみでのサイズ調整となります。

なので、手首への着用時のフィット感がすごくいいです。

外出時では常に腕時計を着用していますが違和感がありません。

バンドが緩むこともないのでストレスフリーです。

コスパが高い

amazonで現在1499円〜(税込)

素材がナイロンなのでお値段は安くなっています。

一般的なナイロンベルトと比べても値段に大差はありません。

が、

バンドタイプのアイデアに対する価値や利便性を考えると、コスパは高いのではないでしょうか。

カラーが豊富

ブラック、ネイビーの定番からオリーブのアースカラーまで13色から選べます。

バックルはブラックとシルバーの二種類のカラーがあり、どちらも合わせやすいと思います。

実際に使っているカラーは、オレンジとオリーブです。

素材・マテリアル

バンドの幅(サイズ):18mm・20mm・22mm

腕時計の一般サイズは3サイズのどれかなので、時計ケースの連結の幅をミリメートルで測定してください。

上記画像の定規の当てている部分のサイズです(18mm)。わかりずらくてすいません。

バンドの厚さ:1.5mmの厚い高品質のナイロン

バンド素材:弾性ナイロンキャンバス

バックル素材:ステンレススチール

ナイロンベルトのお手入れ・交換・調整方法

お手入れで水洗いできるのはナイロンくらいかと思います。

ベルトって肌に密着しているのでどうしても汗などが付着して汚れがつきやすいです。

なので、適度なお手入れって大事なんですよね。

お手入れ方法

汚れや匂いが気になれば基本的に水洗いして大丈夫です。

汚れの度合いにより少量の洗濯剤をつけて水洗いして、風通しのいい場所で乾燥させて完了です。

食器用洗い洗剤や、ハンドソープなどでも洗いましたがキレイになります。

交換・調整方法

Amazonで購入の際には、ベルトの時計に着脱に必要な調整工具、バネ棒が付属しています。

数分あれば、取り外し〜取り付けまで簡単にできます。

【画像有】NATOベルトの付け方・交換方法をわかりやすくご説明!

↑わかりやすく解説されているので良かったら参考にして下さい。

ナイロンベルトを使用したコーデ(着用画像)

いつも無難な色を選びがちで、トータルコーデに全く色味がないことが多いです。

歳を重ねるたびシンプルな格好が多くなりませんか?

そう言った悩みをお持ちの方も多いんじゃないでしょうか。

時計のベルトはそこまで主張が強くないので、シンプルなファッションの差し色として、

ちょっと自分的にはこの色はやり過ぎてるのかなー。くらいの方がオシャレに見えると思います。

バンドタイプに交換して「こんなナイロンベルトが欲しかった」を体感

・ボタン穴がなく生地の耐久性の高さ

・簡単に装着できる利便性

・手首にフィットする着用感

・コスパの高さ

実際に使用していて本当に良い商品です。

レザーや金属のベルトにもそれぞれの良さがあります。

レザーなどのベルトも使用していましたが、手入れなどを考えると維持するのが大変で。

結局、ナイロンベルトに落ち着くんです。

モノトーンなファッションに、オレンジなどの差し色も◎

オリーブやネイビーで、渋めに決めるのも◎

少しでも参考になれば嬉しく思います。

質問、わからないこと、気になることがあればお問い合わせinstagramにお気軽に連絡して下さい。

コメント