スポンサーリンク

USA企画チャンピオン!サイズ感◎リバースウィーブパンツ

サイズ感

チャンピオンのリバースウィーブと言えば、パーカーやスウェットが思い浮かびますか?

いやいや!リバースウィーブのスウェットパンツもかなりの名作なんです。

「青タグ」と言われておりUSA企画の日本未発売モデル。

「タフで長持ちするスウェットパンツが欲しい!」

「リバースウィーブのスウェットパンツを詳しく知りたい!」

「私服のコーデでも使えるスウェットパンツが欲しい!」

なんて方は要チェックです。

本記事では、チャンピオン リバースウィーブパンツのサイズ感や着心地、メリット・デメリットをレビュー。

筆者
筆者

アメリカのカルチャーや服を掘るのが趣味でブログを書いています。

チャンピオンは特にUSA企画「青タグ」が大好きです。

Tシャツやパーカーなど愛用しており、今のサイズ感にピッタリなので要チェックです!

USA企画「青タグ」champion(チャンピオン)リバースウィーブ スウェットパンツ(RW10)

スポンサーリンク

サイズ感大きめ◎丈夫で長年着れる!チャンピオン リバースウィーブパンツ

USA企画「青タグ」チャンピオン リバースウィーブパンツの特徴としては、

・日本企画のリバースウィーブパンツと比べ、サイズ感が大きめ。

・素材にポリエステルを多く使用。

サイズ感としては、股上〜腰回りにボリュームを出せ今っぽさ◎

日本企画に比べて、特に総丈(股上+股下)が大きめの仕様。

足元にかけてゆるいテーパードシルエットとなっています。

ポリエステルを多く使用、リバースウィーブ製法により丈夫で長年着れます。

日本でも取り扱い店舗が少なく、人とかぶることがないのも◎

サイズ感・サイズ選び方

・サイズ表

サイズウエスト股上股下ワタリ
S 70cm39cm77cm29cm
M 76cm40cm77cm31cm
L 82cm41cm78cm33cm
XL 89cm42cm79cm35cm

サイズ表からも、全体的にサイズ感は大きめ。

特に、股上・ワタリ幅部分が大きく腰回り・お尻周りに余裕のある作りです。

ウエスト部分は、ゴム使用となっているので10cm程はサイズ調整可能。

サイズの選び方としては、ウエストのサイズで選ぶのがベター。

「少しルーズに履きたい!」って方もあまりサイズアップするのはおすすめしません。

ジャストサイズで十分大きめのサイズ感になるかと。

173cm66kg Mサイズ(腰はき) カラー:アッシュグレー使用 

筆者
筆者

僕自身、ウエストサイズでMを選びました。

背後からの画像では、お尻周りに余裕があるのがわかるかと思います。

実際のサイズ感としては、ややルーズなシルエットで足元スッキリ。

サイズ選びの参考になれば◎

マテリアル(素材)

コットン82%・ポリエステル18%(オックスグレーのみコットン77% ポリエステル23%)

オンス(生地の厚さ):12オンス(一般的には8〜10オンスのため生地が厚め)

アメリカでは、外に洗濯物を干す習慣がなく洗ったら乾燥機にぶっ込むという文化です。

ポリエステルを多く使用で耐久性、速乾性、防しわ性、型崩れしにくいなどのメリットが◎

ガゼットリブ(赤丸部分):股下部分はリブがあり動きやすさ◎縫い目部分のほつれや穴が空くことを防止。

チャンピオン リバースウィーブパンツ メリット・デメリット

メリット

・洗濯後の乾きが早い。

・オンス(生地の厚さ)が高く着心地・保温性◎

・股下部分のガゼットリブにより動きやすい・強度高め。

・ストリート・古着との相性◎

筆者
筆者

実際に何度も洗濯しましたが、速乾性あり型崩れもなく長年使用できます!

ニット帽やスニーカーなどとの相性良く、トップスもデカめのサイズに合わせています。

デメリット

・サイズ感を間違えると野暮ったくなる。

・合わせるシューズが限られる(ボリュームのあるスニーカーが◎)

・チャンピオンのロゴによりスポーティーな印象に。

サイズ感が大きいため、サイズ選びを間違えると土方や作業員のようになってしまいます。

トータルバランスとして合わせるスニーカーもボリュームを要します。

ハイテク・ハイカットのスニーカーやブーツとの相性が◎

筆者
筆者

おすすめのスニーカーは、NIKEならエアマックス・エアフォース。

adidasならスーパースター。ブーツならクラークス ワラビーやメレルのモアブが◎

【おすすめコーデ】足元はロールアップしてボリュームを作る

チャンピオンのリバースウィーブパンツは、丈が長め・股上〜腰回りが大きめ。

履き方を間違えると、ダサいシルエット・野暮ったくなってしまう。

足元へのキレイなテーパードには裾のゴム部分をロールアップするのがおすすめ。

足元のスソ部分を内側に織りボリュームを作ります。

スニーカーにスソ部分が乗っかるくらいのシルエットにすることによりスッキリ◎

【コスパ高】部屋着・私服としても使えるタフなスウェットパンツ

スウェットパンツの中でも、クオリティの高いチャンピオンのリバースウィーブパンツ。

一本あれば部屋着〜私服のコーデに幅広く活躍◎

安いスウェットパンツとは、比較にならないほど履き心地は全く違います。

毛玉も付きにくく丈夫で、長持ちするスウェットパンツ。

僕自身も、3年ほどジムや楽ちんなファッションをしたい時に愛用中。

何度も洗濯を繰り返しましたがまだまだ現役。

USA製・日本企画のリバースウィーブパンツは、定価一万円以上します

USA企画であれば大手ネットショップにて、リーズナブルにゲット。

チャンピオン リバースウィーブパンツの中でも、コスパは高すぎ。

在庫が多め・コスパ高いリンクを貼っているので要チェックです!

USA企画「青タグ」champion(チャンピオン)リバースウィーブ スウェットパンツ(RW10)

筆者
筆者

少しでも参考になれば嬉しく思います。

気になることがあればinstagramにお気軽に連絡して下さい。

サイズ感 パンツ ブランド紹介 champion【USA企画】
スポンサーリンク
digger
appleboy

昔から定番として愛されている洋服などの紹介をして共感していただけたら嬉しいです。
skateboardや音楽や周囲の人々の大きな影響を受けサイズ感・ヌケ感をテーマに発信していきます。
うわ〜グッとくる!みたいな物を日々模索してます。
よろしくお願いします。

appleboyをフォローする
シェアする
appleboyをフォローする
YOUFUKU(服)

コメント