スポンサーリンク

RED KAP ワークパンツ【定番〜おすすめ5選のサイズ感・特徴】

ブランド紹介

RED KAP(レッドキャップ)のワークパンツが気になるな、欲しいなーと思い→ネットで検索する。

PT〜、PC〜などの品番がたくさん出てきて混乱してしまう。笑

実際ど自分に合うのか?種類がありすぎてわからないよ。

なんて方も多いのでは。

筆者
筆者

その気持ち痛いほどわかります。僕自身もRED KAPのワークパンツをたくさん履いてきて、その中で自分の好きなサイズ感を探すのに苦労しました。

ですのでRED KAPの種類やサイズ感にお困りの方に、

RED KAPの日本で流通している定番〜おすすめワークパンツの解説や紹介をわかりやすくしていきます。

この記事を読めば、RED KAPワークパンツの種類によるサイズ感・素材感、特徴などがわかるかと◎

RED KAPのワークパンツを購入やコーデを考える際の参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

RED KAP(レッドキャップ) ワークパンツの主な素材感・マテリアルなど

RED KAP(レッドキャップ)の素材感・マテリアル

素材感は品番によりますが、7oz〜8.5oz程度で非常に軽く柔らかいのが特徴です。

履き始めから柔らかい状態での着用可能◎

筆者
筆者

dickiesやノンウォッシュデニムなどの履き始めの硬さが無い!ストレスフリー!

普段自転車乗ったりスケボーやるなどアクティブな方にとってはかなり重宝するかと!

PTシリーズとPCシリーズとの違い

・PTシリーズ

65/35(ポリエステル65% コットン35%) TCツイルを採用したトラウザータイプ。

ポリエステルとコットンを使用しているためシワ・型崩れしにくく丈夫であることです。

・PCシリーズ

コットンツイルを使用した100%コットンのワークパンツです。

コットン100%なので履くほどに風合いがでてきます。バンバン洗って問題なしです。

RED KAP(レッドキャップ) ワークパンツの欠点

・裁縫が雑であること

全体的に糸の飛び出しもあり、裁縫の雑さが目立ちます。

雑な作りなので神経質な方は向かないかもしれません。

裾部分は仮止め状態のような裁縫。ほつれは一度もありませんが気になる方もいるのかも。

・サイズに誤差はご愛嬌

RED KAPに限らずアメリカブランドってサイズの誤差はよくあるんですよね。

サイズ表はあくまでも大まかな参考程度にしてもらえれば◎

1〜2cm程度は当たり前です。

筆者
筆者

欠点をあげましたけどこの「適当にやっちゃうよ」って感じが逆に好きなんですけどね。

【おすすめ5選】RED KAP(レッドキャップ) ワークパンツ サイズ感や特徴

RED KAPの日本企画モデル「J」が品番に付くワークパンツに関して含んでいません。

アメリカモデルのおすすめです。

PT20(定番)

RED KAPの定番といえばPT20。

ある程度太さのあるゆるめのテーパードシルエットが特徴です。

ディッキーズ874よりも太めの作りとなっていますが、テーパードによりキレイなラインとなります。

逆にこれと言って大きな特徴がないが、万能性が高くいろいろなコーデにもマッチしてくれます。

PT10(太めの今っぽいサイズ感)

PT10のサイズ感は、PT20よりも股上・ワタリ幅が大きく足元にかけてより細いテーパードシルエット。

実際に着用しても股上は余裕がある大きさのため腰パンしなくてもややルーズな印象となります。

ワタリ幅も太めですが裾幅が細めなのでPT20同様シルエットがキレイ◎

また、裾幅が細いことによりスニーカーへの収まりがよく野暮ったくなりません。

PT32(ツータック仕様)

ツータックとは、タックが左右に2本ずつ入ったデザインです。

パンツのタックが多いほど腰回りやヒップにゆとりがある作りなので着心地はNO.1◎

PT20よりもテーパードの効いたシルエットとなると思います。

ワークパンツでありながらスラックスのようなサイズ感。

履き方やコーディネート次第でドレッシーなキレイめな着こなしにもマッチします。 

PC44(太めのサイズ感)

太めのPT10と比べても、ワタリ幅はデカめでかなり太めのサイズ感になっています。

裾幅もデカめの作りとなっているので、ボリュームのあるブーツやスニーカーなどとも相性◎

男らしく無骨なサイズ感・かなり太めが欲しい方にはおすすめ。

素材がコットン100%なので肌触り良く軽い履き心地です。

PT50(細め・ストレートのサイズ感)

RED KAPはテーパードシルエットが多い中、PT50は細めのストレートシルエット。

リーバイスの501に似た型で、5ポケットデニムのように仕立てられたワークパンツです。

ワークパンツでは中々見かけないフロントポケットL字型でアウトポケットの仕様となっています。

ワークパンツ初心者の方や、太すぎて野暮ったさが苦手な方にはバッチリ。

デニムのようにジャストにキレイめに履いても、サイズアップしてゆるめのサイズ感も◎

RED KAP(レッドキャップ) ワークパンツのサイズ感の好みは?

人によって、細めor太め、テーパードorストレート、ジャストサイズorオーバーサイズ、

それぞれサイズ感の好みは違うと思います。

RED KAPのおすすめを5選紹介しましたが、他にもたくさんのモデルがあります。

これだけ種類があるので必ず好みのサイズ感が見つかると思います

RED KAPのワークパンツはどれもコスパが高くリーズナブル。

なので、マイサイズ感がわかれば色違いやコーデの幅が広がります。

まずは、パッとみた感じやカラーやSNSなどでいいなとを思うものをチョイス。

サイズ表でジャストかゆるめで履くのかを吟味。

筆者
筆者

僕自身もサイズ感に迷ってたくさん失敗をしました。

お悩みの気持ちはすごくわかります。

もしサイズ感で迷ったら、instagramにお気軽に連絡して下さい。

少しでも参考なれば嬉しく思います。

ブランド紹介 RED KAP
スポンサーリンク
digger
appleboy

昔から定番として愛されている洋服などの紹介をして共感していただけたら嬉しいです。
skateboardや音楽や周囲の人々の大きな影響を受けサイズ感・ヌケ感をテーマに発信していきます。
うわ〜グッとくる!みたいな物を日々模索してます。
よろしくお願いします。

appleboyをフォローする
シェアする
appleboyをフォローする
YOUFUKU(服)

コメント